〜椎茸の栄養成分ってどう?〜

椎茸の栄養成分教えて!

食用キノコの中でも、日本で一番生産量の多いキノコ、【しいたけ】。
その栄養成分に惚れ込んだ私が、複数の書籍などで調べたことをまとめてみました。

・グルタミン酸・アスパラギン酸・アルギニン・アラニン・エリタデニン・エルゴステロール・バリン・ロイシン・イソロイシン・リシン・グリシン・セリン・トレオニン・フェニルアラニン・パントテン酸・リボフラビン・葉酸・ビタミンD・ビタミンB6・マグネシウム・ナイアシン・カルシウム・鉄分・マンガン・カリウム・リン・亜鉛・食物繊維

(100gあたりの成分)
(栄養価は生育環境により含有量が異なります。公表されている栄養価はあくまでも目安です)

一般的に【しいたけ】は、高たんぱくで低カロリーなのはよく知られている、もっとも身近で栄養豊富なキノコ。実に様々なミネラル分やビタミン類、そして食物繊維がたっぷり含まれています。人間の体に必要な栄養素が椎茸だけでこんなに摂れて、さらに低カロリーときたら、もう食べるしかありません。

 

そんな中でも、生しいたけと干ししいたけの栄養価が違うのは有名な話。

 

天日に干し乾燥する段階で細胞が壊れることにより、うまみ成分に酵素が働き約10倍も増えるので、生しいたけにはない深い味わいが導き出されます。だから干ししいたけでダシをとるんですね。納得です。

 

しかし残念ながら、早く製品にする為、天日干しではなく電気乾燥のものも多く、ビタミンDが増えておりません。
でも大丈夫!買ってきた干ししいたけを使うときに1度日光浴してあげれば、うまみ成分もビタミンDも大幅に増えてくれます。30分〜1時間程度でいいそうなのでやってみてください。

 

                     ”椎茸の健康効果”はコチラ↓↓

 

                       シイタケの健康効果